インターバル走ごっこ

足首の痛みが引いたので、10日ぶりのポイント練習。小出本は9週目で山場にさしかかった。とはいえ怪我をしたら台無しなので、ほどほどにこなしていく。

正月で身体も気分もすっかりなまったまま、大蔵の陸上トラックへ。どこかの陸上部が当たり前みたいに3分/kmのインターバル走をしていた。つなぎも速いし、安定感がある。私のインターバル走ごっことは違う。

今回は1kmを3:34ペースで5本のインターバル走。走り始めたら、1周を何秒でいけばいいのかを忘れていて、暗算もできないし適当に走った。結果、完全なオーバーペースをやらかす。その後は考えるのが面倒くさくて、息が限界付近ならそれでいいや、と開き直る。3本目が終わったところでほとんど閉店ムード。意地でどうにか5本を終わらせた。

Lap
(1km)
TimeRecovery
(200m)
Sum
13:22.51:09.74:32.2
23:34.91:13.54:48.4
33:33.51:22.54:56.0
43:38.71:36.05:14.7
53:35.5
Total23:07

教訓:400mのラップを覚えておくこと

400m1km
723:00
743:05
763:10
783:15
803:20
823:25
843:30
863:35
883:40
903:45

スロースタート

新年。箱根駅伝を見ながらだらだらと過ごす。

足首の痛みが悪化してしまった。慎重に対応して走っていなかったのに、足を地面に着くだけで痛みが出る。

1年前にも同じようなことがあった。それ以来足首の痛みは完全には消えなかったものの、悪化することもなくうまいこと共存していた。

痛みの前兆は腰痛から始まった。これも前回と同じ。明らかな理由がないまま痛みが出はじめる。まぁ、走りすぎなのだろう。部品が壊れたのではなくて、部品のはまりかたや潤滑が悪い感じ。

足首は腱鞘炎のようで、内くるぶしの下を押すと痛い。腰と太ももの外側(腸脛靭帯)にも少し違和感がある。足首の腱鞘に慢性的な問題があって、それが腸脛靭帯のダメージと重なって悪化しているのかも。