腹八分

寒風の日産スタジアムへ。小出本の練習メニューは35kmのビルドアップ走。これ、やるかどうかいつも悩む。2週連続で35km走という鬼メニューで、今までは1回に減らしてもサブ3はいけた。今回の目標は2時間55分切りだから、調子がよければ2回やりたかったけれど、足首に不安があるので様子を見ながら30kmか35kmか、という感じにした。

結局走った距離は31km。調子がよければ35km、みたいな甘いことを考えている時点で、だいたい35kmは走らない。でもまぁ、近頃は追い込みすぎないことも大事だと思っている。腹八分。ラスト1kmは3:55/kmまで上げて気持ちよく終えた。

LapTimeLapTimeLapTime
14:40114:21214:17
24:36124:24224:19
34:38134:30234:27
44:41144:27244:27
54:36154:27254:32
64:28164:22264:14
74:30174:22274:16
84:32184:26284:19
94:31194:32294:21
104:33204:22304:14
313:55
Total31km4:26/km

インターバル走ごっこ

足首の痛みが引いたので、10日ぶりのポイント練習。小出本は9週目で山場にさしかかった。とはいえ怪我をしたら台無しなので、ほどほどにこなしていく。

正月で身体も気分もすっかりなまったまま、大蔵の陸上トラックへ。どこかの陸上部が当たり前みたいに3分/kmのインターバル走をしていた。つなぎも速いし、安定感がある。私のインターバル走ごっことは違う。

今回は1kmを3:34ペースで5本のインターバル走。走り始めたら、1周を何秒でいけばいいのかを忘れていて、暗算もできないし適当に走った。結果、完全なオーバーペースをやらかす。その後は考えるのが面倒くさくて、息が限界付近ならそれでいいや、と開き直る。3本目が終わったところでほとんど閉店ムード。意地でどうにか5本を終わらせた。

Lap
(1km)
TimeRecovery
(200m)
Sum
13:22.51:09.74:32.2
23:34.91:13.54:48.4
33:33.51:22.54:56.0
43:38.71:36.05:14.7
53:35.5
Total23:07

教訓:400mのラップを覚えておくこと

400m1km
723:00
743:05
763:10
783:15
803:20
823:25
843:30
863:35
883:40
903:45

スロースタート

新年。箱根駅伝を見ながらだらだらと過ごす。

足首の痛みが悪化してしまった。慎重に対応して走っていなかったのに、足を地面に着くだけで痛みが出る。

1年前にも同じようなことがあった。それ以来足首の痛みは完全には消えなかったものの、悪化することもなくうまいこと共存していた。

痛みの前兆は腰痛から始まった。これも前回と同じ。明らかな理由がないまま痛みが出はじめる。まぁ、走りすぎなのだろう。部品が壊れたのではなくて、部品のはまりかたや潤滑が悪い感じ。

足首は腱鞘炎のようで、内くるぶしの下を押すと痛い。腰と太ももの外側(腸脛靭帯)にも少し違和感がある。足首の腱鞘に慢性的な問題があって、それが腸脛靭帯のダメージと重なって悪化しているのかも。

走り納め

腰と足首に痛みが出たので、土日のポイント練習はパスした。疲れがたまっているのかも。こういうときはさぼるのが一番。

とはいえ何もしないのも気分がもやつくので、のんびりとゆるいジョグを8kmほどして、一年の走り納めとした。

ペース乱れ走

根性控えめなので、高めの目標のペースで押していくってことができない。頑張ってみても、すぐに気が緩んでペースダウンして 、今日はこんなもんでいいやってなって、淡々と走って、しばらくすると少し回復してきて、もうちょっと頑張ってみるかってなる。ペース走でペースが乱れるのは、そんな心のせめぎあい。

小出本8周目。ペース走17kmを駒沢公園で。そろそろ3:50/kmで巡航できるようになりたいのだけど、なかなか難しい。ちょっと身体が重かった。

Lap (2.14km)TimePace
18:06.53:47/km
28:22.73:55/km
38:22.53:55/km
48:18.83:53/km
58:21.43:54/km
68:16.83:52/km
78:26.33:57/km
88:12.53:50/km
17.12km1:06:273:53/km

30km足湯走

これからは、Eペース(Easyペース)での30km走を足湯とする。日頃の脚の疲れを癒す。それが30km足湯走。5:00/kmも30kmも余裕の湯布院。

いつも31kmの起伏の多いコースを走っていて、これを30km走としている。普段から坂を走っておかないとトレランのときにつらいから、あえて坂を選んで作った坂バカコース。キツいといえばキツいけれど、頭を使わなくても負荷が変化してよい刺激になる分、手軽といえば手軽。坂への免疫もつくし。

今日の結果は5:02/km。ぼちぼち。3週連続の30km走で、だいぶ脚にも余裕がでてきた。上り坂で太ももが売り切れたら癒されたら、足湯、足湯と念仏を唱えるほっこりする。2月のレースまではこの調子で行こう。

走り逃げ未遂

小雨のぱらつく午後、砧へ。

インターバル走はトラックでやるとやっぱり気分が違う。織田フィールドでもよかったのだけど、初めての場所を開拓してみたくなり、調べると大蔵運動公園に陸上トラックがあった。ちょうど開放日なので、行ってみることにした。

場所が微妙にわかりにくくて穴場っぽい。周辺の砧公園は自然が感じられて、大蔵運動公園はけっこうちゃんとしたスポーツ施設だし、なかなかよい雰囲気。

陸上トラックはきれいで、でこぼこもなくて走りやすい。どこかの陸上部が練習していたけれど、内側のレーンは使っていなかったので第1レーンを独り占めできた。

今回は1km×5のインターバル走。設定タイムはVDOT 56の3:34でつなぎはなるべく短く。タイムよりも負荷を優先して、呼吸の限界付近をなるべく長く維持するイメージで走ることにした。

1本目はペース感覚が迷子。でも、飛ばしすぎたわりには余裕が残っていた。2本目から4本目は、雰囲気で走ったのにかなりペースが安定している。ラスト1本は少しスパートして、しっかりと呼吸を追い込んだ。次回はVDOT 57の3:31を試してみよう。

Lap
(1km)
TimeRecovery
(200m)
Sum
13:27.41:13.44:40.8
23:34.01:13.44:47.4
33:33.81:21.64:55.4
43:33.91:22.14:56.0
53:31.0
Total22:51

走り終わって帰る準備をしていると、どこからともなく現われたスタッフさんに声をかけられた。チケットを出してくれと。そりゃ有料ですよね。あやうく食い逃げというか、走り逃げするところだった。15:00~17:00の枠で320円。

公園に入って正面にある体育館の地下に券売機があって、そこでチケットを買い、その横の受付でチケットをもぎってもらい、半券を陸上トラックの受付に見せるというシステム。初めての人はお気をつけて。

帰り際、なんとなく100mのダッシュがしたくなって、3本ほど走ってみた。15秒ジャストくらい。中学生の頃もそんなものだったような気がする。

ペースギリギリ走

小出本7週目。15kmのペース走。アップのときは身体が重かったのに、走り出したら意外と動く。身体が動く日、動かない日の違いは、何年走ってもよくわからない。

夜の駒沢公園は気温が8℃ほど。冷気はあるものの風が弱くて寒さは感じず、半そで短パンで走りだした。

当座の目標は3:50/kmでハーフを走ることなので、このペースで巡航したい。2週間前は上がりっぱなしだった息もだいぶマシになってきた。でもまだギリギリで、ちょっとでも油断するとペースが落ちる。ラストスパートで帳尻合わせして、なんとか3:50/kmでまとめた。

Lap (2.14km)TimePace
18:11.53:50/km
28:12.13:50/km
38:19.83:54/km
48:15.33:51/km
58:16.43:52/km
68:17.33:52/km
77:57.33:43/km
14.98km57:303:50/km

カメラの荒療治

気楽な30km走。時計を見ない。追い込まない。平均ペースは5:14/kmだった。

お気に入りのカメラが壊れた。電源を入れてもレンズが出てこない。このカメラは何度も山に持って行って手荒く扱ってきた。鳳凰三山の稜線で落としたときはギシギシと変な音を立てていて、もうダメかと思った。それが下山したら自然に直っていた。北岳では驟雨でずぶ濡れになって、急いでビニール袋に入れたものの、袋の中は蒸し風呂みたいになっていた。思えばだいぶ無茶をさせている。

Nikon P340

修理に出すしかないなと思いつつダメ元で直しかたを調べてみると、驚きの修理方法を見つけた。

クッションの上に落っことす。

叩いて直す的な昭和の発想。いや、まさかね、なんて思いつつやってみると、これが本当に直った。この方に感謝。なんでもとりあえず調べてみるものだ。塗装がぜんぶ剥げるまで使いたい。

いつもと逆のパターン

小出本6週目。5kmのタイムトライアル×3を日産スタジアムで。小出監督の練習メニューの中でも特にキツい部類で、なるべく避けるこの練習。やるのはおよそ1年ぶり。ずいぶんと逃げていたものだ。

Lap (5.1km)TimePace
119:293:49/km
219:213:48/km
319:153:46/km

1本目は早めに息が上がって、脚も重め。これは2本でおしまいかな、なんて弱気になりつつ走った。2本目は脚が軽くなって呼吸だけを追い込む走りができた。3本目は自然とスピードに乗れて呼吸もレッドゾーン手前でうまく落ち着いていた。タイムを見ても本数が増えるにつれて徐々に上がっていて、こんな経験は初めてのこと。不思議なこともあるものだ。風がけっこう吹いていたから、うまいこと追い風が多かったりしたのかな。

レストはそれぞれ6~7分。呼吸が整って身体が冷える前にスタートした。

日産スタジアムの5km周回コースは、ガーミンでは5.1~5.15kmくらいになることが多いので、とりあえず5.1kmとしておく。公式マップだとスタジアムのリング通路に上る方法がよくわからなくて、下りのスロープを上りにも使っているのが原因かも。

新横浜公園のWebサイトより